沿革

  沿革イメージ
沿革イメージ 

内容
1975 京都市上京区下立売千本東入に仮工場にて資本金120万円で設立。主に極細アルゴン溶接を始める
1978 京都市中京区西ノ京内畑町に工場を新築、移転
1983 機械加工強化のため、ファナック製マシニングセンターD型を投入
1986 本社工場を現在の南区吉祥院中河原里北町に新設、移転
1987 高松機械工業製CNC旋盤EX-20を導入
1989 オークマ製複合加工機LR-10Mを導入
1990 オークマ製マシニングセンターMC-30VAを導入
1992 資本金を1000万円に増資
1997 本社北側に北工場を増設
1998 ソディック製型彫り放電加工機A30Rを導入
1998 スピードファム製ラッピング機FAM12Bを導入
2001 ナショナル製TIG溶接機YC-300 WX4を導入
2002 西工場を新設
2003 オークマ製マシニングセンターMB-46VAを導入
2003 カイジョー製超音波真空自動洗浄乾燥機USS-332を導入
2005 ヤマザキマザック製複合加工機INTEGREX200Ⅲを導入
2006 中村留製複合加工機WT-100を導入
2007 オークマ製CNC旋盤LB3000を導入
2007 ツガミ製マシニングセンターVMT-Ⅲを導入
2007 ミヤチテクノス製レーザーマーカーML-7112Aを導入
2008 中村留製複合加工機SC-200導入
2009 CADCAMソフトMASTERCAMを導入
2010 本社工場西側を増築
2010 ミヤチテクノス製ファイバーレーザー溶接機ML-6810を導入
2011 ミツトヨ製3次元測定器CRYSTA-AP XC544を導入
2013 島津製作所製ヘリウムリークデテクタMSE-2000Rを導入
2015 スピードファム製ラッピング機FAM12BSを増設
2016 オークマ製マシニングセンターJENOS M460-VEを導入
2016 アマダミヤチ製ファイバーレーザー溶接機ML-6810Bを増設
pagetop
pagetop